精油の基礎知識



■精油の取扱いについて
精油を取り扱う際には下記について十分注意し、安全に楽しみましょう。

 ・原液のまま肌につけたり、口に入れたりしないでください。
 ・使用後は必ずしっかりとキャップを閉め、
  直射日光、高温多湿の場所を避けて保管してください。
 ・お子様やペットの手の届かない場所に保管してください。
 ・柑橘系は開封後半年以内、その他は1年以内を目安にご利用ください。
 ・火気には十分ご注意ください。

■精油の用語
精油の説明として様々な用語が出てきます。
その用語についての簡単な解説です。
お役に立てばと思います。
 
用語 説明
アロマ 香りの総称です。
精油(エッセンシャルオイル)そのものを指したり、
精油と植物油を混ぜたオイルを差すこともある。
精油/
エッセンシャルオイル
植物の花や葉などからエッセンスを抽出したオイルのことです。
その植物の有効成分が凝縮されています。
植物油/
キャリアオイル/
ベースオイル
植物から抽出したオイルで、オリーブオイルやごま油などが該当します。
植物の種子や果肉から抽出される事が多いです。
ボティオイルやマッサージオイルは植物油に精油を数滴混ぜて作る事から
キャリアオイル、ベースオイルと呼ばれることも多いです。
学名 植物の学術的名称で世界共通です。ラテン語で表記します。
科名 植物の分類です。
ノート 香りが空気中に揮発する度合いを示します。
バランスよくブレンドすると香りの変化を
楽しむ事が出来ます。
トップノート:付けた直後に揮発する香り
ミドルノート:中間の香り
ベースノート:最後の香り
光毒性 肌についた状態で紫外線に当たると、
皮膚にダメージを与える性質です。
濃度を守って使用すれば問題ありません。
ベルガモット、レモン、グレープフルーツ等に含まれます。
水蒸気蒸留法 精油の抽出方法で最も一般的です。
原料の植物を蒸す事によって抽出します。
圧搾法 柑橘系の果皮を搾って精油を抽出する方法です。
溶剤抽出法 芳香成分を溶剤に溶かして抽出する方法です。

 

About the owner

アロマセラピストyuki

精油がもっと身近な存在になる事を目指しています。

Top